狼読

 
2020/05/27

【After Effects】映像制作におすすめ!Adobe After Effectsとは?

みなさん、動画編集や映像編集に興味ありませんか?Youtubeなど見ていると動画編集や映像編集って面白そうだなと思ったり、難しそうだなと思ったりしている方が多くいると思います。そのなかには、これから動画編集・映像編集をやってみたいなと考えている方もいるでしょう。今回は、そんな方へ向けてAfter Effectsというソフトを紹介したいと思います。

俺自身は、Webページ(企業ホームページ)を制作するなかで必要に応じてプロモーションビデオの作成や作業風景・制作工程の説明動画の編集をすることがある程度で、映像制作をがっつりやっているわけではないですが、After Effectsはよく使います。使ってみるとおもしろいものです!

After Effectsってなに?

After Effectsは、映像(動画)制作ソフトです。

動画にCGを加えたりやテロップなどのテキストにアニメーションをつけることができるモーショングラフィックの制作に特化した映像編集ソフトがAfter Effects になります。

わかりやすい例で言うならば、近年注目のYouTubeや映画、テレビのオープニング映像でタイトルテキストやロゴが動いて視聴者を楽しませて惹きつける映像の制作に用いられています。

モーショングラフィックってなに?

モーショングラフィックというのは、もともとは動きのないテキストやロゴ、イラスト、写真などに動きや音を加えて動画にしたものです。

モーショングラフィックはさまざまな分野で重要な役割を果たしています。
具体的な例としては、YouTubeのオープニング・エンデング動画やテレビ、映画、CMで視聴者に楽しんでもらえて印象を残せるユニークな映像があります。

Premiere Proと何が違うの?

最初にも言ったようにAfter Effects は映像(動画)制作ソフトです。

これを聞いてあれ?と思う人がいると思います。

最近では、YouTubeが注目を集めており、動画編集に興味がある人が増えているのでなおさらだと思います。多くのYouTuberが動画編集にPremiere Proを用いていると言われているからです。そのため動画編集はAdobe Premiere Proでするものじゃないのと思うかもしれませんね。

Adobe Premiere ProもAdobe After Effectsも映像(動画)制作ソフトですが、それぞれ得意な分野と不得意な分野があるんです。その違いをなるべくわかりやすく紹介していきたいと思います。

Premiere Proの特徴

  • 動画の切り貼り
  • 時間に合わせた動画の並べ替え
  • 動画に合わせた簡単なテロップの挿入
  • 比較的長い動画が制作できる

上のような特徴があるPremiereProでは、YouTubeや映画、テレビのように撮影した動画素材を必要部分と不要部分で切り貼りして並び替え、必要箇所にテロップを入れるような長めの動画に制作する場合に向いています。

つまり、PremiereProでは、撮影した動画など素材がある場合に大きな力を発揮します。

After Effectsの特徴

  • 素材に複雑なアニメーションをつける
  • 動画に特殊な演出(エフェクト)をつける
  • モーショングラフィックが制作できる
  • 短かな動画制作に適している

After Effectsでは、撮影した動画素材がなくてもテキストや図形などの動きをつけることでモーショングラフィックを制作できます。キャラクターなどに動きをつけてアニメーションを作ることもできます。また、撮影した動画素材に桜や雪、雷などのCGやSF系のエフェクトをつけたりと動画に特殊効果をつけることができます。

オープニングやエンディング、CMなどの比較的短めの動画制作をする場合によく使われます。

Premiere ProとAfter Effectsはうまく使うべき

これまで紹介してきたようにPremiere ProとAfter Effectsではそれぞれの特徴があり、得意な分野が異なってきます。やりたいことに合わせたソフトを選び使用することが重要になってきます。

イメージとしては、動画本編はPremiereProで編集してオープニングやカットイン、特殊効果をAfter Effectsで制作して本編動画と連携させていく感じがいいのではないでしょうか。

After Effectsで動画に付加価値をつけるイメージでいいと思います。同じAdobe製品のソフトウェアなので連携もバッチリできます。

After Effectsを使うには?

After Effectsは、Adobe(アドビ)アメリカのソフトウェア会社が制作したソフトウエアです。アドビシステムズ株式会社が東京にあり、日本の利用者への高品質なサービスとサポートを提供してくれています。

After Effects 単体 月額2,480円(税別)
Creative Cloudコンプリートプラン 月額5,680円(税別)

Adobe公式サイトをチェック

さいごに

After EffectsについてPremiere Proとの違いと連携して使うのがおすすめだと紹介してきました。After Effectsは、動画内に実際にはないものをCGとして加えたり、テキストやロゴのアニメーションを制作したりすることができます。本来の動画にひと工夫加えてワンランク上の動画を制作する上で大きな力を発揮します。

YouTube市場が拡大することで動画への注目度が高まっているので、After Effectsを使いこなすことができれば、かなりの需要がありそうですね。ぜひ、興味のある方は使って、遊んでみてはいかがでしょうか。

Profile Card

タマリュウ

生息地:福井県
WEB制作会社を立ち上げて日々レベルアップの修行中! 俺自身まだまだ修行中なので、新しく学んだこと、引っかかったポイントを備忘録として記事にして皆さんと共有できればと思っています。 読んで誰が得するのかわからない情報も発信します!

関連記事

Related Post

2020/05/20

【Photoshop】いますぐ使えるテクニック!画像を合成したときの色の違和感をなくす方法

2020/05/19

【Photoshop】かっこいいテキスト作り!テキストで画像を切り抜く方法

2020/05/16

【Photoshop】基本操作!画像を重ねて配置する方法〜画像合成の第一歩〜

投稿カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

graphics

category

©狼読